チェックリストの活用

看護師

腰部脊柱管狭窄症は外科手術で治療することが出来る病気です。そもそも腰部脊柱管狭窄症になる原因は生まれつきの場合と加齢による原因の2つが考えられます。生まれつきの場合は先天性腰部脊柱管狭窄症になり、加齢の場合は背骨が曲がることにより脊柱管が狭くなり痛みなどが生じてしまいます。基本的に加齢が原因になっているケースが多く、例えば腰の動きが悪くなったり、また常に痺れや痛みを感じるようになったなどがあります。慢性的になると日常生活に支障をきたすことも考えられるため、腰部脊柱管狭窄症の疑いがある場合はまずは病院などで精密検査をうけるべきといえるでしょう。

腰部脊柱管狭窄症はお年寄りに多い病気なため歳を原因として診断を受けずに居る人が多い特長があります。実際背中や腰、足回りに少しだけ痺れが起きるだけの症状の方もいれば、長時間立つと腰が疲れるという症状だけの方もいます。しかし腰部脊柱管狭窄症は症状が悪化すると慢性的な痛みを発症したり、動けなくなることも考えられます。出来る限り早めの治療をすることが求められ、そのために病院などではチェックリストを作成しています。チェックリストは点数方式になっており、思い当たる節にチェックを入れのその点数によって腰部脊柱管狭窄症を発症しているか否かを判定することが出来ます。WEBサイト等では1分も満たない時間で判定をうけることができ、自分が腰部脊柱管狭窄症なのか、だとしたらどのレベルの進行度合いなのかを知ることが出来ます。歳をとればいずれ自分も発症する可能性のある病気です。早めの治療を行うためにもチェックリストの存在を知っておくと早期治療ができやすくなるでしょう。