治療のアプローチ

腰部脊柱管狭窄症の治療

患者と先生

腰部脊柱管狭窄症とは、背骨の中を通る神経が何らかの原因により圧迫されることによる様々な症状を指します。圧迫を起こす原因は人により様々ですが、一番多いのは高齢による背骨の変形によるものでしょう。変形した背骨が神経に圧迫をきたすことで辛い腰痛や足の痺れを起こします。 腰部脊柱管狭窄症に対して行われている治療法は、外科手術による圧迫を除去する方法と、内服による神経への血流や神経伝達を補助することで症状を緩和する方法の2種類です。現在の主流は全身麻酔下による拡大開窓術という黄色靭帯を切除する手術が主流です。しかし腰部脊柱管狭窄症の最先端の現場では、内視鏡による治療が始まっています。この治療法のメリットは、体の表面に数センチにも満たない傷しかつかないことと、体への手術侵襲がとても少ないことがあげられます。

内視鏡による最先端治療

従来の治療法では、背骨を削ったり筋肉を切開することによって、手術後に予期せぬ症状が出現することがありました。しかしこの内視鏡手術では小さな手術用のアームを使って目的の部位を削ることが可能なことから、筋肉の切開や皮膚表面への傷が最小で済むことが特徴です。そのため術後に悩まされていた副作用にも頭を悩ませることがありません。 しかし専用の手術器具はもちろんのこと、内視鏡の機械や治療を行う医師に高度な技術が必要なことから、一般的に普及するにはまだ時間がかかるかもしれません。この治療法を行っているのは一部の大学病院や専門病院に限られています。今後この治療法が腰部脊柱管狭窄症の基本治療として普及すれば、身近な病院でも治療が可能になるかもしれません。